2008年03月02日

ターミネーター4!再起動!

以前にも私のベストワン作品ターミネーターシリーズ最新作“ターミネーター4”
についてはその情報などを記事にしましたが・・・

企画がそっくり変わったじゃないかよ!

置いてきぼりじゃないっすか!



・・・調べてみました。

そもそも“ターミネーター”の最初の企画は今から24年前にもなるのね!

私なんか夜中に“オールナイトフジ”観てた頃だよ。
“ミントタイム”も観てた、京本政樹の奥さんの山本博美は歳が同じで・・・
すみません話それました。


“タイタニック”で一躍VIP監督になったジェームズ・キャメロンですが、

彼の監督デビュー作“殺人魚フライングキラー”ではかなりひどい目にあったようなんだな。

製作がイタリアってのも怪しいけど、プロデューサーともめて、
途中クビになって編集やら滅茶苦茶にされて公開されちゃったんだな。

ボロボロになったキャメロンは、アメリカに戻って起死回生のオリジナルアイデアをバイトしながら日夜練った訳です。

これが“ターミネーター”誕生の瞬間ね。

脚本のクレジットにはキャメロンの他、後の奥さんで低予算映画の王者ロジャー・コーマンのニューワールド・ピクチャーズで同僚だったプロデューサーのゲイル・アン・ハード。そしてキャメロンの友人の脚本家ウィリアム・フィッシャーJrの名がある。

また、キャメロンはハーラン・エリスンが脚本を手がけたテレビシリーズ“アウターリミッツ”から「38世紀から来た兵士」と「ガラスの手を持つ男」の2つのエピソードをヒントにしていたのを認めて謝罪した経緯から彼の名もクレジットされている。

最近じゃインスパイアされたって済んじゃう話だけどね。


さて、“ターミネーター4”だけど、前作のジョナサン・モストー監督続投、ジョン・コナーはニック・スタール・・・シュワちゃん出るようだ!・・・・なんて話がまったく変わってしまった。



どういう事なのかーっ?!



キャメロンは“ターミネーター”1作目の製作の時点で、自分が監督する事を条件にゲイル・アン・ハードにターミネーターの権利を1ドルで譲っている。
85年に2人が結婚する前の話だからプロポーズのプレゼントだったのかも。

89年に2人は離婚し、ハードはターミネーターの権利をカロルコ・ピクチャーズに譲ってしまった。
91年の“ターミネーター2”はカロルコ製作だった。

その後カロルコは倒産し、経営していたマリオ・カサールとアンドリュー・G・バイナはC2ピクチャーズを設立して“ターミネーター3”を製作した。

そして今回は、C2の2人がターミネーターの権利をさらにハルシオン・カンパニーに譲渡してしまった。

“ターミネーター4”はハルシオンの意向でワーナー中心の企画に再編成されてしまい、
配給もFOXからワーナーに変わってしまった。

TVドラマの“サラコナークロニクルズ”が、FOXTVで放送されるのと、
C2ピクチャーズが製作に参加しているのはそのせいなんだな。

しかし“ターミネーター4”のアメリカ国内配給がワーナーなのは解るるけど、海外配給がソニーというのは不思議なんだよね。


この新企画のせいで、新ターミネーターは3部作のシリーズ化となり、TVシリーズやゲームとも連携するようだ。

“ターミネーター4”の正式題名は

“Terminator Salvation: The Future Begins”


監督は“チャーリーズエンジェル”のマック・G!

ジョン・コナーはバットマンのクリスチャン・ベール!

cb.jpg

重要なマーカスという役に決まったのは、キャメロンの“アバター”の主演のサム・ワーティングトンという俳優だ。
マック・Gにキャメロンが推薦したらしい。

sw.jpg

ターミネーターにはジェームズ・ブローリンの息子で、ダイアン・レインの夫ジョシュ・ブローリンという話がある。オスカー作品出演で今や時の人だ。

jb.jpg

今年の1月からアメリカで放送が始まった“サラコナークロニクルズ”も好調で、オフィシャルサイトもかなりCOOL!

Terminator: The Sarah Connor Chronicles

terminator-scc.jpg

terminator_scc1.jpg

terminator_scc2.jpg

味方の女ターミネーターの名前がキャメロンっていうのは、ジェームズ・キャメロンへのオマージュなんだね!

2008年02月10日

LOVE LOVE LOVE

fu_haru7.jpg

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ←おかげさまで順位上がっておりまっす!

2007年12月15日

ジャパニーズホラーに新キャラか!

先月のこと、息苦しさに夜中目を覚ますと、ものスゴい高熱!
頭痛ではなく、頭が締め付けられるような苦痛!

頭に浮かんだのは「インフルエンザにやられたか・・・」

ところが、鼻水も咳も、そして頭痛も・・ない。
おかしい・・・。

その時突然・・・下痢

病院に行くとインフルエンザ検査は陰性。

先生は「なんか変な物食べなかった?」
変な物って言われても・・・拾い食いはしてないし・・・。

・・・まてよ、昨日の夜食べたのはカキフライ定食


や、やられた!ノロウィルスか!そう、食中毒。

熱は3日で下がるんだけど、下痢は1週間つづくのね。
ノロウィルスの薬ってのは無いので、ひたすら下痢が治まるのを待つ日々。
動くと下痢が漏れちゃうので。

そんな下痢待ちの時、

「CURE」「回路」の黒沢清監督の新作「叫」を観ました。

「回路」は「PALSE」という題名で「ロスト」にも出ていたイアン・サマーホルダー主演でハリウッドでリメイクされたんだね。

黒沢監督のハリウッド進出も期待したいですね。

さて、この「叫」ですが〜

役所広司と伊原剛志の刑事、奇妙な殺人と死体、廃墟・・・。
まさに黒沢映画のキャスト、題材、絵柄・・・

とみえて・・・唐突に葉月里緒菜。

「ブリキの太鼓」のオスカルみたいな奇声!まさに“叫”!

そして、物語はエンディングへ。

あれあれ・・・どういう意味?解らない・・・。


結局意味解らないけど、葉月里緒菜扮する“赤い服の女”はスゴいキャラ!
最近、怖い女というと、エド・はるみ。

エイリアンvsプレデター2ができたそうで、

「叫2」では是非キャーーーーとグーグッグッグッグッゴァーの対決ってのはどうでしょう?

sakebi.jpg

2007年11月01日

HEROES〜日本人ヒーローの時代だよ

明日あなたの周りに、夕方頃からそわそわして、5時になったら脱兎のごとく帰宅する人がいるはず。

そのような人を見かけたら、その人は・・・

十中八九24シーズン6の最後までを週末に観るつもりだ!

いよいよ「24シーズン6」の最終話までのDVDがレンタルされるね。
もう、シーズン6には“まいった”の一言。
毎回 “えーっ!マ・ジ・かよ・・・・!”って感じなんだなあ。

どういう結末になるんでしょうかね!


さて、ところが・・・アメリカでダントツの視聴率を記録していたこの「24シーズン6」を上回ったドラマが出現した!

「HEROES」だ!

このドラマ、地球上のある特定の普通の人たちが突如として特殊な能力に目覚める。
ある人は時間を止められたり、ある人は不死身、そしてある人は空を飛ぶ・・・。

彼らは何らかのつながりで集まり始め、自分たちの使命を理解する・・・。

なんだかハリウッドじゃ、最近超能力物が多いけど「X-MEN」と「ロスト」をいっしょにしたみたいな設定なんだな。

このドラマの人気の秘密は、特殊能力を身につけた人の混乱と、喜び。
すぐ隣に住んでるような人達なのがリアルでいいね。


そして、注目のキャラは日本人“ヒロ・ナカムラ”だ。
彼の出番とポジションはかなり重要な設定。

演じるのは日本人俳優“マシ・オカ”
今、アメリカで一番有名な日本人俳優と言われている。

面白いのは、「ロスト」の韓国人夫婦“ジンとサン”みたいに母国語で会話してるんだな。
ヒロと友人のアンドウ君は日本語で会話して、画面には英文字幕がでるのね。
吹き替えだと、声優さんが日本語を日本語で吹き替えてる。
おかしい感じだけど、友人のアンドウ君(アンドウ・マサハシって言うけど安藤雅橋かな?)が韓国系俳優で日本語の猛特訓中ということで、時おり何を言ってるのかが不明なのだ。

この“マシ・オカ”という俳優、ギフテッド(高知能で高い潜在能力を持つ英才児)で6才でアメリカに移住したというすでに超能力者。
その後ジョージ・ルーカスのILMでソフト開発のスタッフになり、今もまだ関係しているようだ。
すごいね。

アメリカ人は彼のことを“”キュート”という見方をしていて、人気があるようだ。

日本ではe2スカパーのスーパードラマTVで10月から放送が始まっている。

まだ4話までしか観てないけど、すでにかなり面白い!


heroes.jpg

さて、明日は私もツタヤにレッツゴー!(なんか言い回しが超古し)





posted by アツシ at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | おもしろっTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする