2007年11月01日

HEROES〜日本人ヒーローの時代だよ

明日あなたの周りに、夕方頃からそわそわして、5時になったら脱兎のごとく帰宅する人がいるはず。

そのような人を見かけたら、その人は・・・

十中八九24シーズン6の最後までを週末に観るつもりだ!

いよいよ「24シーズン6」の最終話までのDVDがレンタルされるね。
もう、シーズン6には“まいった”の一言。
毎回 “えーっ!マ・ジ・かよ・・・・!”って感じなんだなあ。

どういう結末になるんでしょうかね!


さて、ところが・・・アメリカでダントツの視聴率を記録していたこの「24シーズン6」を上回ったドラマが出現した!

「HEROES」だ!

このドラマ、地球上のある特定の普通の人たちが突如として特殊な能力に目覚める。
ある人は時間を止められたり、ある人は不死身、そしてある人は空を飛ぶ・・・。

彼らは何らかのつながりで集まり始め、自分たちの使命を理解する・・・。

なんだかハリウッドじゃ、最近超能力物が多いけど「X-MEN」と「ロスト」をいっしょにしたみたいな設定なんだな。

このドラマの人気の秘密は、特殊能力を身につけた人の混乱と、喜び。
すぐ隣に住んでるような人達なのがリアルでいいね。


そして、注目のキャラは日本人“ヒロ・ナカムラ”だ。
彼の出番とポジションはかなり重要な設定。

演じるのは日本人俳優“マシ・オカ”
今、アメリカで一番有名な日本人俳優と言われている。

面白いのは、「ロスト」の韓国人夫婦“ジンとサン”みたいに母国語で会話してるんだな。
ヒロと友人のアンドウ君は日本語で会話して、画面には英文字幕がでるのね。
吹き替えだと、声優さんが日本語を日本語で吹き替えてる。
おかしい感じだけど、友人のアンドウ君(アンドウ・マサハシって言うけど安藤雅橋かな?)が韓国系俳優で日本語の猛特訓中ということで、時おり何を言ってるのかが不明なのだ。

この“マシ・オカ”という俳優、ギフテッド(高知能で高い潜在能力を持つ英才児)で6才でアメリカに移住したというすでに超能力者。
その後ジョージ・ルーカスのILMでソフト開発のスタッフになり、今もまだ関係しているようだ。
すごいね。

アメリカ人は彼のことを“”キュート”という見方をしていて、人気があるようだ。

日本ではe2スカパーのスーパードラマTVで10月から放送が始まっている。

まだ4話までしか観てないけど、すでにかなり面白い!


heroes.jpg

さて、明日は私もツタヤにレッツゴー!(なんか言い回しが超古し)





posted by アツシ at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | おもしろっTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする